スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
原型完成
原型が完成したのでベルグさんに送りました。
台風が来てるので、無事到着するかちょっとだけ心配です。
スポンサーサイト
人形制作 | 2012/06/19(火) 22:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トラブル
あとはサフを吹けば完成…!というところでトラブル;
油断大敵なり。

人形制作 | 2012/06/16(土) 22:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
穴の調整&ひたすら表面処理
スポンジやすりなどでひたすら表面処理します。
あと穴の調整。
人形制作 | 2012/06/13(水) 22:08 | Trackback:(0) | Comments:(0)
中空用作業
RCベルグさんに「中空パーツってできますか?」と質問してみたところ、
できることはできるけれど、コストがかかり、原型に特殊な加工が必要らしい…。

しまったーー!
出力前にRCベルグさんに相談すれば良かったー!
でも出してしまったものは仕方ないので、加工作業に入ります。

まずはプラ棒をテーパー状に削ります。
四肢と胴体を中空にしたいので、そのパーツの分だけ必要です。合計7種類9本。
この作業は、有難いことに家人がやってくれることになりました。

私は胴体と四肢にプラ棒が入るよう、原型を削っていきます。
樹脂が硬くて腱鞘炎になりそう…。
しかしリューターとテーパーリーマー、そして丸棒ヤスリのおかげで
なんとか穴が空きました。

パーツの空洞にポリパテを流し込み、ワセリンを塗ったプラ棒を押し込んで硬化を待ちます。

なんだか一気にプラモデル制作日記みたいになってきました。
人形制作 | 2012/06/11(月) 22:44 | Trackback:(0) | Comments:(0)
イメージ画像
全身灰色だとよくわからないので、レタッチソフトで肌色にしてみました。
肌色になるとやっぱりイメージ変わりますね。
ついでにメイクも先日作ったイメージ画像を元に追加。なかなか良い感じ。



あー、早くレジンに置き換えたい!ワクワクするなぁ。
しかし中空ってどうやるのかな?
家人に相談したら、『シリコンとレジンがもったいないから、自分ではやらないように』
とアドバイスをもらい、RCベルグさんにメールすることになりました。
人形制作 | 2012/06/09(土) 22:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ゴムでつないでみた
手足にヒートンを仕込んでゴムを通し、ウィッグを被せて椅子に座らせてみました。
ウィッグのボリュームが大きすぎて見苦しかったので、レタッチソフトで修正してます。
ドールアイも出力したので、はめてます(6mmサイズ)。



右手が無いのは諸事情で再度出力していただいて、
届いてはいるのですが(素早い対応に感謝!)
まだサポートを処理していないためです。

動かしてみると、各関節の可動範囲は90度前後、当初の予定通り動きました。
3DCGの時点でシミュレーション&調整できていて良かったです。
一番苦労した胸の下の切り替えも、前後左右斜めとよく動きました。

服も手持ちのリカちゃんサイズ、アゾンさんのピュアニーモサイズが
ちゃんと着れたのでホっとしました。
(顔色がグレーで可愛くないので公開はしません…)
人形制作 | 2012/06/08(金) 22:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
仮組み・全身
前回の記事ではトルソ状態でしたが、
全身の仮組みではこんな感じです。
iPhoneで撮った写真ですが…。



関節からはみ出しているのは練り消しです。
まだゴムでつないでないので、とりあえず。

ボディバランスはこんな感じです。
思ったよりお姉さん体型?
でもこれより太いと、身長23cmサイズなのに1/6のアウトフィットが入らなくなっちゃう。

以下写真が続くのでたたみます。
続きを読む
人形制作 | 2012/06/07(木) 22:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)
サポートとりました
昨夜のうちに家人がサポートを取ってくれたので、
早速仮組みしてみたら、こんな感じになりました。




思っていたより細身かな?
でも色が白くなると見た目膨張するので大丈夫なハズ。
次はゴムを通して可動のチェックと着せ替えチェックです。
人形制作 | 2012/06/06(水) 22:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
造形出力パーツ到着
T's CREATEさんにお願いしていた造形出力パーツが届きました。
仮想空間でモデリングしたオブジェクトが、現実世界で手に取れる感動は
何度味わっても嬉しいものです。

前回のお試しの時は樹脂の色が水色でしたが、灰色に変わったようです。
サーフェイサー吹かないでも凸凹が見やすいのが良いですね。

ボディなど大きなパーツに、積層段差が目立ってちょっと残念…。
しかし顔や手足などの小さいパーツはとても綺麗なので満足です。
サポートも取りやすい目立ちにくい位置につけていただいて、さすがです!

printout01_s.jpg

以下画像が続くので、畳みます。
続きを読む
人形制作 | 2012/06/05(火) 22:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。